b0231705_21315488_2.jpg

​所有機械

地域の立地条件に応じて最適な森林施業法を採用することによって

森林の持つ公益的機能を維持しながら、継続的に森林からの収益を

森林所有者に お届けすることを目的としています。

次の世代の方に「負の遺産」と言われないような森林づくりをしていきます。